余興  〜一人より二人〜


 

巨人のスーパーフライ

Mくんの「巨人」というアイデアにインスパイアされた僕のアイデアは

s_IMG_4220

 

 

 

 

 

 

 

僕がMくんに肩車され

 

大きい衣装を着て

 

巨人になり、スーパーフライの「愛をこめて花束に」

 

を歌う、というアイデアでした

 

 

早速

 

生地屋さんででかいアジアン生地買って

 

丸い穴開けて

 

着てみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s_IMG_4182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾマホンやん!!!!!

 

 

_RA9eYC8

 

 

 

 

 

 

 

 

あわててカツラかぶってみると

 

 

 

 

 

 

s_IMG_4183

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マツコやん!!!

CpSK8zKVxC1Ejiz_KKd7v_2

 

 

 

 

 

 

 

 

マツコとゾマホンを足して2で割った

 

スーパーフライが出来ました

 

 

 

 

 

 

s_名称未設定 2_0001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これに

 

 

t01830275_0183027513296269451

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山本小鉄足して

 

 

 

 

 

 

 

s_IMG_4262 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなる

 

 

ちなみにこれ

 

手が外れてクラッカーになったり

 

花束になったりするギミックありです

 

当日はMくんが緊張のあまり

 

下痢になり、料理をほとんど食べれなかった事や、

 

司会者の人が会場のご列席者の方に僕らを紹介する時

 

「スーパーフライさんはパンが大層お気に召したようで、なんどもお代わりされてました!」

 

とか風評被害に会うなど、大変でしたが

 

二人の笑顔が見れて良かったです

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2016年03月06日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です