伊勢対クマ


 

四月に連休を取りまして、

久々に一泊旅行に出かけました

行き先は

三重県鈴鹿!!

 

4年ぶりくらいに連休取るのに

当日の朝は、雨

きっと普段の行いが悪いせいやね

鈴鹿サーキット行くつもりやったんですが

雨降ってるのに遊園地はないな、と思いまして

行き先を変更して

お伊勢さんに

日頃の行いの悪さを伊勢パワーで浄化してもらおかいなと!!

 

3時間のドライブの後、昼前に伊勢神宮駐車場に、

 

(雨がポツポツやな、、昼から晴れるっていうし、傘は車に置いとこう)

 

IMG_4939

 

おかげ横丁にて、名物かわあげ君を手に

 

 

 

誰がなぎら健壱や!!!

 

 

images

 

 

かわあげ君を食べながらおかげ横丁歩いてると、雨が少し強めに、、、、

 

家族「傘取りに帰る???」

 

 

僕(あかん、傘は車の中や、取りに行くにしてもそこそこ遠くまで来てもうた、、、)

 

僕「せや!!お昼食べよ!!名物の伊勢うどんや!!店出る頃にはやんでるやろ!!」

 

強引に家族を説得してお店へ

 

(ほうほう、これが伊勢名物「伊勢うどん」でっか)

 

 

IMG_4941

 

 

なんや底の汁が真っ黒やんけ!!

 

かき混ぜるんやな、

 

見た目はちょいグロいがな

 

どれどれ

 

ん!?なんやこれ!!??

 

腰もなんもないがな!!!グニグニやがな!!

 

残念や、生粋の香川っ子の僕にはこの腰のないうどんはあかん

 

名物いうのは、えてして美味ないもんやな

 

しゃーない

 

(そろそろ雨もやんどる頃やろ)

 

ゴッソサーン!!

 

とびらガラッ-!

 

 

 

 

(あかん、さっきより降っとるがな。。。。)

 

 

家族「買おか、、傘、、、、」

 

僕「、、、、、、」

 

 

一本3百円のビニール傘二本お買い上げ

 

 

百均で買える傘が300円、、、、3倍、、インフレすぎるやろ、、

 

旅先の旅館の自販機で買えるアクエリアスですら180円、120円⇨180円

60円アップつまり、1.5倍アップやぞ、

 

、、、まあしゃーない、最初に傘置いてくと判断した僕があかんのや

 

こんな計算してまう小ささがあかんのや

 

悪いのはベッキーだけやない

 

あのキノコもあかんのや

 

そんでお僕の日頃の行いも悪いんや、、、

 

 

そんでやっと着いたで

 

伊勢神宮!!!!!

 

 

マイナスイオン浴びるんやデーーー!!!!

 

s_IMG_4952

 

 

 

すると、、おお!!雨止んだやん!!!!!

 

 

家族「傘いらんかったね、、、、」

 

 

(なんや!!僕のせいか!!!!!、、、、、せやな僕のせいやな、、、

ベッキーとゲスと僕が悪いんや、、、家族、、すまん)

 

 

せやけど安心してや、僕の旅行計画は今晩の夕食がメインエベントやさかい!!!!!

 

禊はこれで終わった!!!!

 

期待しとってや!!!三重ゆうたら松坂牛や!!!!

 

松坂牛食べんでーーーー!!!!!

 

 

 

次回「クマ松坂牛食べる」

 

 

 

 

帰りに偶然「ブラタモリ」の収録現場とすれ違ったで

 

初生タモリや

 

 

IMG_4951

 

袴履いてる人の隣がタモリやで

 

 

 

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2016年05月06日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です