My plan BACKFIRED


 

一位と最下位との差なんて大したことねーんだよ
ゴールすることとしないことの差に比べりゃ

 

まだだ、、まだいける、、、

 

 

家族からの

 

「違う店行こうよ」という衝撃発言に動揺を隠せないまま

 

急いで違う店を探さねばならないプレッシャーで

 

あれだけ濃かったタレの味が気にならなくなりました

 

 

(焼肉屋をハシゴだと!?あんだけネットサーフィンしてやっと見つけたのに!これからすぐ見つかるわけないじゃないか!!!!)

 

 

💡!!!!せや!!!!

b0081338_2562234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(この店来るまでの間に、ワイは見たで!!あの看板を!!!あの店に行ったらええんや!!!!)

 

 

 

その店とは、、、、

 

 

 

 

IMG_4964

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すしざんまいや!!!!!!

 

 

 

僕「すしざんまいはどう?寿司やったらひょっとしたら三重名物、伊勢海老の握りとか、松坂牛握りとかあるかもしれんで!!最悪無くても、マグロはあるやろ!!でや!!!???」

 

 

家族「オオおおおおお!!!素晴らしい!!」

 

 

 

決まりや!!

 

そうと決まればサッサとお会計や!!

 

ふん、全然頼んでへんから安いな、、こら嬉しい誤算やで!!

 

 

 

 

車ブーーーン

 

 

ほう、これがあの関東で有名な「すしざんまい」!

たまにヒルナンデスとかで出てるわな、

 

全然関西に無いけどな、

 

 

 

僕「すいません、伊勢海老の握りってあります??」

 

店「すいません、無いんですわ」

 

僕「あっ、そうですか、ほな松坂牛握りとかあります??」

 

店「すいません、、無いんですわ」

 

 

 

 

デジャブかな

 

 

 

僕「ほな、本マグロはあります?(これはさすがにあるやろ)」

 

 

店「すいません、、ビントロやったらあるんですが、、、、」

 

 

 

僕、家族「・・・・・・・・」

 

 

 

あんだけマグロマグロとTV  で言うといて無いやと!!!!

 

 

僕「ほなビントロください、、、、」

 

 

店「かしこまりました!」

 

 

 

 

 

争いは何も産まないからね。。。。

 

 

諦めてビントロや他の魚を食べる

 

 

店「石川県の魚やったらありますけど??」

 

僕「いいです、ありがとう!!(なんで三重県でy路

 

それにしてもなんか思ってたのと違うなぁ、、、

 

すしざんまいって、こんな感じなんかなぁ

 

 

IMG_4958

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族「もうお腹いっぱいなってもうたわ、、、

 

僕「、、、、、、、帰ろか。。。会計するから、車乗っといて、、、」

 

 

 

 

店「お会計・・・円です、」

 

僕「はい、、、ん??」

 

 

IMG_4959

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んんんんんん!!!???

 

IMG_4959 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つきじ喜代村「すしざんまい」さんとは関係ありません!!!!!!???

 

 

 

 

 

 

 

 

恐る恐る隣みたら

 

家族「・・・・・・」

 

見てたわ。。。

 

 

 

 

 

 

 

糸冬

 

 

 

おまけ

 

 

鈴鹿サーキットで子供に混じりサーキットする

 

IMG_5084

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧なフォームやで

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2016年05月12日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です