美容師として、学ぶのををやめたら『死』だと思ってます


どうも、阪急三国駅徒歩7分、JR新大阪駅徒歩15分

 

イルミナカラーを入れようか悩んでるお店

 

orso hairのクマです

 

 

 

最近の暑さにイライラが治りません

 

僕は基本的暑がり

 

MIZUHOは寒がり

 

まさに水と油、同じスペースで働いてることが奇跡です

 

冬は厚着するか、高速で動けばなんとか暖かくなりますが

 

夏は無理

 

極力、薄着を心がけるしかないですね

 

去年の夏は一人で働いてた為、orso hairのイメージも担当せねばいけなかったので

 

絶対にTシャツでは営業しないよう、襟付きの服で仕事を心がけてましたが

 

今年は違います

 

 

僕に変わり、orso hairのアイキャッチを務めてくれる

 

mizuhoが加入してくれたことにより

 

 

 

12742318_967839013310889_4265935195390385809_n

 

 

 

 

 

 

 

 

(バンダナを使ったヘアアレンジ mizuho.ver)

 

意識高いスタッフの加入で

 

店のイメージを僕一人で担う必要がなくなりましたので

 

今年の夏は好き勝手な格好で働きます

 

943977_967315736696550_3733193423012452163_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(同じバンダナを使ったヘアアレンジ、kuma.ver)

 

 

 

やっぱり正解やで、俺やったら世良公則ふうにしかできへん

 

やっぱりmizuhoがNo1!!!

 

 

✂︎


 

 

それましたね

 

 

そう、本題です、

 

今年の夏はクマは Tシャツを解禁しようと思います

 

 

基本、シンプルな服が好きで

 

白T、ブルージーンズ、ブーツ、

 

こんなんでいいんですけど問題点が、、、

 

それは白Tシャツ着たら乳首浮いてまう問題です

 

これはポケモンGO問題より深刻です

 

夏のワードローブがご破算になる可能性を秘めてるからです

 

ポケモンGOに夢中になるあまり車に轢かれそうになる子供!!

 

間一髪、クマが助けます!!!

 

ズサ===

 

クマ「危ないところやったぞ!!ちゃんと公園とかでやりなよ、この辺はあんまりいないぞ!!」

 

子供「ありがとう!!かっこいい(あれ?でもTシャツから乳首浮いてる!??)」

 

クマ「じゃあな!!少年!!」

 

 

こんなことになったら最悪です

 

 

対策を立てねば

 

 

とりあえずまず某サイトで記事が分厚目で透けないと書いてあった

 

白無地Tシャツを買ってみました

 

IMG_6003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーダーと白無地Tが2枚セットになったやつ、

 

 

 

これは期待できる

 

 

着てみると

 

あら不思議、

 

 

 

 

IMG_6004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい!!!

 

 

IMG_6006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういうことだよ!!!しっかりシャラポワってるやんけ!!!

 

 

Unknown

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

糸冬

 

名称未設定 2_0001 (1)

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2016年07月26日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です