KUMA関東進出4


どうも、阪急三国駅徒歩7分、JR新大阪駅徒歩15分

 

毟る(むしる)という漢字、この一字ですんごい酷いストーリーを表してる、考えたやつ鬼、

 

orso hairのクマです

 

 

 

img_6657

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きている珈琲

コヒアアラビカ

なんか凄そう。。。

結構高いな、珈琲!!

 

スペシャルブレンドが1500円!!

さっき食べた牛タン定食とおんなじや!!

 

昔、お義父さんに広島の本物の珈琲屋さんに連れて行って貰った事があって

そん時に飲んだ珈琲は

「今まで飲んできた珈琲と別もんや・・・」

って思ったのを思い出しました

 

 

HP見たら、定休日は無しで、オープンは9時ってなってるけど、老紳士が言うには11時、

 

ここは、老紳士を信じた方がええやろ

 

 

 

 

 

 

 

 

img_6662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11時10分!!

 

オープン直後はお店側も色々あるやろうから、

 

ちょっとズラす

 

これがKUMAの流儀

 

 

 

 

 

 

 

img_66632

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい!!!!

 

老紳士!!!

 

 

 

電話したら、おばちゃんが出ました

 

 

おばちゃん「営業してますよ」

 

シャッター閉まってますよ??

 

おばちゃん「今来たトコやから」

 

 

この後30分コンビニで時間潰しましたが開かないので諦めました

 

なんちゅう店じゃ、こんなとこの珈琲が生きてるわけない

 

そもそも「生きてる」ってなんだよ、

 

「ひらけポンキッキ」の ひらけ くらい意味不明やで

 

ポンキッキって開くものなんか??

 

そもそもポンキッキってなんや??

 

教えてガチャピン、

 

 

広島のお義父さんの行きつけの店は、

 

駐車場まで行ったら、店員さんが運転して

 

車庫入れしてくれるくらいの高いホスピタリティ接客やのに

 

飲まんでもわかるわ

 

 

 

✂︎


 

 

赤坂から渋谷までメトロに乗ります

 

あ、地下鉄ね、首都ではメトロって言うねん

 

僕も初めてこっち来た時、メトロってなに?て思ったもん

 

その気持ちわかるわかる!

 

まぁ慣れやで、慣れ、

 

池袋をブクロって言うようなもんやから

 

銀座はザギンね、

 

 

と言うように一泊しただけで東京歴長いような態度とるやつ

 

 

俺やね

 

 

 

 

 

 

 

img_66642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷着いたけど

 

この路線の多さってやばない

 

選択肢多過ぎ

 

 

 

 

img_6678

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファミコンのドンキーコングみたいになってるやん

 

この階と階の間なんやねん

 

9と3/4番線か

 

images

 

 

 

 

 

 

 

 

 

渋谷すっごいわ

 

人多過ぎ

 

ハロウィンかなっておもた

 

img_6677

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい首都感出して来やがる・・・

 

大阪完敗やんけ、、

 

 

 

続く

 

 

 

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2016年11月22日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です