KUMA関東進出5


どうも、阪急三国駅徒歩7分、JR新大阪駅徒歩15分

 

ダルビッシュが自分でマネージメント会社作ったら、ダルビッシュ(有)になるんやろうか

 

orso hairのクマです

 

 

 

東京はほんまにすごいとこでした

 

くだらない珈琲を飲み損ねてしまったので

 

渋谷に着いて早々にお昼食べることにしました

 

最近、気になってるんですよ

 

「牛カツ」

 

ちょっと話は遡るんやけど

 

 

 


 

 

 

最近うちの店の近くに肉バルができました

 

(昼間の予約も落ち着いたし、ミズホ連れて視察してみよか)

 

みーちゃん、ちょっと話題の肉バルにランチ行こか、牛カツ食べてみたいねん

 

ミズホ
いっすよ

 

 

 

img_65512

 

 

 

 

 

 

 

そうそう、これが食べたいのよ、適度なレア感、わさび醤油で食べるカツ

 

ミズホ
私はハラミステーキで100gか200gか、、、200gで

 

 

。。

 

 

 

 

店員「お待たせしましたー」

 

 

 

え!?

 

ミズホ
(爆笑)

 

 

 

img_65513

 

 

 

 

 

 

 

ミズホ
くまさん、目が死んでますって(爆笑)

 

 

なんやこれは、、、カキフライの出来損ないやんけ、、

 

わさび醤油どころか、デミグラスソースかかってるし

 

厨房みたらHEINTZやんけ、缶詰使うなよ、、

いや、これは詐欺レベルやろ、

 

ミズホ
ちょ(爆笑)クマさん写真撮りましょう(爆笑)

 

 

img_6726

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズホ
(爆笑)

 

 

すいません、ご飯はお代わりできますか?

 

 

店員「150円かかります」

 

 

 

ミズホ
大爆笑

 

 

 

 

 

 

おかしい、こんなことあってええのんか??

 

詐欺やんけ

 

 

今時、ランチ時にご飯お代わりすら150円、、、、

 

1000円やろ!!原価どないなっとんねん!!!

 

 

img_6551

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ていうかメニューに載ってるのと違いすぎるやろ

 

 

 

 

 

img_6725

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミズホ
私のめっちゃ美味しそう(爆笑

 

。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなことは許されない。。。。

 

 

 

 

✂︎


 

 

てなことがありまして、

 

 

今こそリベンジの時!!!!!

 

 

 

 

ミズホよ、、みていろ、本場の牛カツ食ってやんよ

 

 

 

渋谷の「牛カツもと村」へ

 

 

 

 

 

img_6668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱり、並ぶんやね

 

上等上等、うまい牛カツ食べれるなら!!!

 

 

しかし、東京はさすがやね、

 

並んでる女性の頭見ても

 

みんなリタッチ伸びてへん、、、

 

美に対する意識が高いわぁ、

 

 

店員「どうぞ!いらっしゃいませ!!!お待たせしました!!!」

 

一同『お待たせしました!!!』

 

 

 

これよ、これ、

 

 

 

 

店員「牛カツ定食です!!」

 

 

ムッチャ早いがな、、、ほんまええわ

 

 

 

img_6671

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジュアルが100点満点中270点です

 

 

 

img_6672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わいはレアで

 

 

 

 

なんやこれは!??旨さのK点越えしとるがな

サクッと高温で、中はレアでジューシー

 

 

 

 

 

おい、見てるか?三国の某肉バル、、見てるか?コヒ○アラビカ、

 

お前らを越える素材がここにいるのだ

 

 

 

 

麦飯お代わりできて、これで1300円やぞ、、、、、

 

 

 

 

 

 

オープン2時間経ってもシャッター開けない店、一杯1500円

 

衣ぐちゃぐちゃな詐欺カツ、お代わり有料 1000円

 

 

君らもっぺん「味いちもんめ」原作:あべ善太バージョンを一から読んでこい

 

 

俺も読も

 

 

 

 

images-1

 

 

 

 

 

 

 

 

続く

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2016年11月24日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です