燻製の極意(笑無し)


どうも新大阪、阪急三国付近でイルミナカラーを取り扱ってるサロン

 

orso hairのクマです

 

ちょっと宣伝が過ぎたかな

 

 

今回は僕の趣味でもある

 

「燻製」について語りたいと思います

 

別に面白いもんでもないので、期待して見ないでください

 

お客様から燻製の説明して欲しいって声があったので

 

ブログに書くだけですから

 

 

 

 

毎回毎回おもしろブログを期待してる方はあきませんよ

 

欲しがるだけ欲しがっては

 

KUMAはそんなブロイラーな方々より

 

2ヶ月に一回、お越し下さるお客様の方が一万倍は大事なんですから

 

 

 

これやでコーナンとかで売ってるで

 

 

 

 

これはいいよ、

 

鍋とかで燻製するよりたくさんできるしね

 

 

 

 

今回は手軽にできるものから

 

  • ちくわ
  • うづらの卵
  • 鶏むね

 

うづらはゆで卵に

鶏むねは塩してzipロックに入れて空気抜いた後

沸騰させたお湯にzipロックごとドボン

30秒で火を止めて後は鍋のお湯が自然に冷めるまで待つ

これで肉汁がお湯に漏れずにパッサパサではなくジューシーな鶏むねができます

 

これらの食材を

 

  • 醤油
  • みりん
  • 鷹の爪

分量はなんとなく

 

半日ほど漬けておくと味がしみて美味いですよ

 

 

 

 

これをホイルに並べて

 

 

 

 

 

IN

 

チップはなんでもいいですけど

 

桜チップがどこでも売っててお手軽

 

 

 

 

コンロの超弱火で・・・・

 

時間は適当・・・・

 

火事やと思われないように気をつけてくださいね

 

 

 

完成した燻製はそのまま食べてもうまいですが

 

マヨネーズつけるともっと美味いよ

 

 

本気出すと

 

焼き豚とかも美味いからね

 

 

 

 

 

いつやったか、、、、、、

 

 

お世話になってるパイセンにBBQ誘っていただいて

 

 

燻製披露した時ありました

 

その時、

 

準備してると

 

 

後ろでシャッター音が鳴るなぁと思ってたら

 

 

 

 

 

 

 

めっちゃ写メられてました

 

 

燻製に興味ありはんのかな?と思って

 

 

蓋開けて中身見せましょか?

 

パイセンの友人「いえ大丈夫です(笑)」

 

 

 

えっ!?じゃあワイを撮ってんの!!??

 

 

そんなに地べたで燻製の準備をする36歳が珍しかったんでしょうか、、、、

 

 

もしくは・・・・これは恋された?

 

 

と思ってたら

 

 

そのまた後ろから写メ撮られてて見してもらったら

 

 

完全に箕面の猿でも撮る感じやないか!!!!

 

 

何が恋じゃ!!!!

 

 

恋やなくて変人見るみたいに!!!!!

 

 

 

 

 

 

BBQ終わりに帰った時も

 

 

 

こんなLINEがきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

燻製道具一式をママチャリに乗せて帰るところ撮るな!!!めっちゃ恥ずかしい!!!出張燻製野郎みたいやんけ!!!

 

 

 

 

ただ自分でもこの後ろ姿はシュールで面白かったです

 

 

パイセン呼んでくださってありがとうございます

 

また呼んでください

 

 

 

他にも燻製したいよっていう人はKUMAを呼んでください

 

 

燻製出張します

 

 

 

ただし

 

 

自慢の愛機

 

「いぶし処」

 

が燃えに燃えて黒ックロになってしまいまして

 

 

汚いので捨ててしまいましたので

 

 

呼びたい人は

 

 

 

 

 

 

これ買ってください

 

 

あ、でも美人な依頼人やったら

 

ワイが自分で全て用意していくのでご心配なく、

 

 

 

おっさん連中からの依頼には腰重いで

 

 

 

 

 

 

 

糸冬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2017年02月18日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です