外国人風W3Dカラー


こんにちは、みずほです。

先日クマさんと外国人風W3Dカラーのセミナーに参加してきました。

講師はクマさんの同級生の心義さん。

外国人風カラーを極めてるお方です。

ブログ画像
近年よく外国人風カラーってよく聞きますよね。

orso hairに来て下さるお客様にもよくオーダーを頂いてて

とてもニーズの高いカラーになって来てます。

なのでよりお客様にご満足頂けるよう技術・知識向上のため行って参りました。

ブログ画像
これが(左)before(右)after。

色ももちろんなんですがハイライトの入りかたの自然さをみて欲しい!!

すっごく自然!!

色落ちしても綺麗さが保てるよう1ヶ月・2ヶ月先まで考えられてるんです。

ほんと脱帽でございます。

ハイライトの入れ方だったり、パネルの引き出しかた、お薬選定等々

美容師としての基本的知識の応用からマニアックな新技術まで

勉強になることが盛りだくさんの5時間でした。

ほんとボイスレコーダーで録音しとけばよかったて思うくらい!

ブログ画像
このシャンプー台でやる下ごしらえもガクブルでした!!

ブログ画像
ほんと楽しく刺激的な時間でした^^

私もベレー帽かぶって行けばよかった。。。。

三国美容室
orsohair

大阪市淀川区三国本町2-5-13
最寄駅:阪急三国 徒歩10分
06-6392-7820

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2017年03月16日 | Posted in blog | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です