恩師1


どうも新大阪三国で美容業界の片隅でもがいてるKUMAです

なんとか御約束した「毎週日曜更新」は今の所、達成できてます

 

え?

 

2ヶ月半ぶり??

 

ちょっと僕とは時間軸の違う世界にお住みのようですね

 

 


 

サクッと2ヶ月半更新無しをケムに巻いたテクニック

 

真似してくれてもええんやで

 

 

 

 

こないだ店に高校時代の担任の先生から電話かかってきたんですよ

 

先日はセミナーで撮影 model @momoko_sadano 昨日、高校の時の担任の先生から店に電話があった、なんでも昔、先生について書いたブログを今の生徒達が見つけたらしい、ちょっと恥ずかしい😅 「クマァ!お前の作文、よう書けとる!ちょっと俺の事良う書きすぎやけどなぁ!!(笑)」ブログを作文と表現する先生は、昔となんら変わってなかった、、営業中に泣いてしまった、、。、 #透明感 #大阪 #三国 #ヘアスタイル #ヘアスタイル撮影 #サロンモデル関西 #関西サロンモデル #ポートレート #夜撮影 #love #followme #cute #写真好きな人と繋がりたい #like4like #サロンモデル #ヘアメイク #美容師 #KUMAスタイル #美容師の休日 #ポートレートモデル募集 #ファインダー越しの私の世界 #アメリカンチェリーパイフラペチーノ

A post shared by orsohair (@orsohair__kuma) on

 

ここにも書いたよね

 

(さりげなくインスタグラムへのフォローを促すテクニック、マネしてもええんやで)←小声

 

 

ブログのことを作文と呼ぶセンス

 

かっこいい!!!!!

 

 

んで、いつのブログやねんって思って探したら見つけたので

 

貼ります

 

6年前のブログやった(笑)

 


 

 

 

僕は学生時代、非常に先生に恵まれていました

 

お世話になった先生方には今でも感謝してもしきれないです

 

僕の今の人格を形成する上で、非常に大きなウェイトを占める先生がいました

 

高校時代の恩師

 

 

「村田先生」です

 

 

 

えっちゃん

 

 

 

 

 

といっても僕は村田先生と呼んだことは一度もありません

 

 

先生ご自身が「先生なんて呼ばんといてくれ!気持ち悪い!俺の事はえっちゃんって呼べ!」

 

お分かりの通り変わった先生でした、

 
僕やみんなも親しみを込めて

 

「えっちゃん」と呼んでいました、

 

 

 

 

 

右がKUMAね

 

 

 

 

ある日、校内で僕が普通に

 

 

えっちゃん!

 

 

 

と呼ぶと

 

 

運悪く

 

 

僕が当時在籍していたラグビー部の顧問

 

 

規律には超厳しい奥野先生に聞かれてしまったのです、、、、

 

 

僕にとっては親より恐い監督です、、、、

 

芸人の世界で言うとオール阪神・巨人の巨人師匠レベル

 

 

 

上半身ムキムキでいつも背筋をピンとしてた日焼け顔の天然パンチヘアの監督です

 

 

 

 

 

あとで体育教官室に呼び出された僕は(奥野先生は体育の先生)

 

 
「先生をあだ名で呼ぶな!」と怒られました、、、、

 

 

 
僕は一晩悩みました、、どうすればいいんやろ??

 

 

 

次の日、えっちゃんを見かけた時

 

昨日の事もあったので

 

えっちゃん先生!

 

 

と呼びました

 

 

 

えっちゃんは最初怪訝な顔してましたが、

 

 

事情を話すと笑ってました

 

 

 

 

そしてこう教えてくれました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あのな世の中にはいろんな人がいるんや、奥野先生みたいに脳味噌も筋肉で出来てる先生もおれば

ワシみたいに豆腐で出来てる奴もおる、これから社会に出たらもっといろんな奴に出会うし、色んな矛盾にも出会うやろ、、」

 

 

 

 

そんなときはどうしたらええの?

 

 

 

 

 

 

「自分で考えて対処セぇ、(笑)」

 

 

 

 

万事この調子でした、当時はわけわからんヾ(。`Д´。)ノ

と思ってましたけど、
大人になってみると良くわかりました、

「自分で考えて対処セぇ」は僕の中で金言となり

 

 

 

その後の人生の大きな糧となりました、

 

 

 

まず、自分で考える、先に人に頼らない

 

困ったら聞く

 

 

あれから20年以上経っても

 

こういう思考回路の自分がいるのは

 

えっちゃんのおかげです

 

 

 

えっちゃんは今は教師を辞めて違うことに邁進してます

それは

東三国美容師の日々

ボディビルでした

これはホント、

東三国美容師の日々

 

2位なってるし、、、

続く

The following two tabs change content below.
beautykuma

beautykuma

オーナーorso hair
KUMA 普段はおっちょこちょいでチビで勉強もできず、手先も不器用な十人並みの女の子。顔も平凡。家も父親がいないこともあって貧しい方で、苦労の多い幼年期を送っていた。しかし、こと演劇に関しては類希なる才能を持っており、その天賦を月影千草に見いだされ演劇の道を進むことになる。不幸な人生に定評があり、物語中に目を背けたくなるような様々な苦難に遭遇するのだが、クマは持ち前の明るさと前向きさでそれらを乗り越えていく。 彼女の演劇の才能には、豊かな感受性や優れた記憶力(ただし演劇に限る)などもあるのだが、それ以上に演劇に対するひた向きさと努力の要素が大きい。どんな劇のどんな役に対しても全身全霊をもって臨み、半ば狂ったような演劇練習をすることもクマの特徴の一つだ。その余りに大きな演劇への情熱は、一般人はおろかプロの俳優でも理解し難いこともあり、時にはそれがイジメや干される原因にもなっている。 自分のパトロンになってくれた紫のバラの人に対しては好意以上のものをもっており、その正体が明らかになるにつれそれは恋心へと変化していった。 関西美容専門学校を卒業の後 数店舗を経て(間に半年間インドへ放浪) 2012年 orso hair open
beautykuma

最新記事 by beautykuma (全て見る)

2017年05月14日 | Posted in blog, kuma | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です